Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light - .NET プログラミング » Ultra Light .NET 2.0 API リファレンス » ULCursorSchema クラス

 

GetColumnName メソッド

指定されたカラム ID で識別されたカラムの名前を返します。

構文
Visual Basic
Public Function GetColumnName( _
   ByVal columnID As Integer _
) As String
C#
public string  GetColumnName(
   int columnID
);
パラメータ
  • columnID   カラムの ID。値は、[0,ColumnCount-1] の範囲内であることが必要です。

戻り値

カラムの名前。カラムに名前がない場合は NULL 参照 (Visual Basic の Nothing)。SQL クエリでカラムのエイリアスが使用されている場合は、そのエイリアスが返されます。

備考

結果セットでは、すべてのカラムに名前があるとは限らないほか、すべてのカラム名がユニークであるとは限りません。エイリアスを使用していない場合は、非計算カラムの名前には、そのカラムの元となるテーブルの名前がプレフィクスとして付けられます。たとえば、MyTable.ID は、クエリ "SELECT ID FROM MyTable" の結果セットに含まれる唯一のカラムの名前です。

カラムの ID とカウントは、スキーマのアップグレード中に変更されることがあります。カラムを正しく識別するには、名前でアクセスするか、キャッシュされている ID とカウントをスキーマのアップグレード後にリフレッシュします。

参照