Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light - .NET プログラミング » Ultra Light .NET 2.0 API リファレンス » ULDatabaseManager クラス

 

CreateDatabase メソッド

新しい Ultra Light データベースを作成します。

構文
Visual Basic
Public Sub CreateDatabase( _
   ByVal connString As String, _
   ByVal collationData As Byte(), _
   ByVal createParms As String _
)
C#
public void CreateDatabase(
   string  connString,
   byte[] collationData,
   string  createParms
);
パラメータ
  • connString   キーワードと値の組み合わせがセミコロンで区切られたリスト形式の、データベースを指定するためのパラメータ。詳細については、ULConnectionParms クラスを参照してください。

  • collationData   データベースが文字列を格納して比較する方法を指定する照合データ。

  • createParms   キーワードと値の組み合わせがセミコロンで区切られたリスト形式の、新しいデータベースを設定するためのパラメータ。詳細については、ULCreateParms クラスを参照してください。

備考

照合を指定するには、SQL Anywhere インストール・ディレクトリの UltraLite\Collations\cs (C# プロジェクトの場合) または UltraLite\Collations\vb.net (Visual Basic プロジェクトの場合) サブディレクトリから、適切な照合データ・ソースを含める必要があります。プロジェクトに追加したら、照合の Data プロパティを使用して、CreateDatabase() メソッドに対して照合データを提供できます。

次のコードでは、Windows Mobile デバイス上にデータベース \UltraLite\MyDatabase.udb を作成し、接続を開きます。

' Visual Basic
Dim openParms As ULConnectionParms = New ULConnectionParms
openParms.DatabaseOnCE = "\UltraLite\MyDatabase.udb"
' Assumes file UltraLite\Collations\vb.net\coll_1250LATIN2.vb is
' also compiled in the current project
ULConnection.DatabaseManager.CreateDatabase( _
    openParms.ToString(), _
    iAnywhere.UltraLite.Collations.Collation_1250LATIN2.Data, _
    "" _
  )
Dim conn As ULConnection = _
  New ULConnection( openParms.ToString() )
conn.Open()
// C#
ULConnectionParms openParms = new ULConnectionParms();
openParms.DatabaseOnCE = @"\UltraLite\MyDatabase.udb";
// Assumes file UltraLite\Collations\cs\coll_1250LATIN2.cs is
// also compiled in the current project
ULConnection.DatabaseManager.CreateDatabase(
    openParms.ToString(),
    iAnywhere.UltraLite.Collations.Collation_1250LATIN2.Data,
    ""
  );
ULConnection conn = new ULConnection( openParms.ToString() );
conn.Open();
参照