Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light - .NET プログラミング » Ultra Light .NET 2.0 API リファレンス » ULDataReader クラス

 

ULDataReader メンバ

パブリック・プロパティ
メンバ名 説明

Depth プロパティ

現在のローのネストの深さを返します。最も外側のテーブルの深さは 0 です。

FieldCount プロパティ

このカーソル内のカラム数を返します。

HasRows プロパティ

ULDataReader に 1 つまたは複数のローがあるかどうかをチェックします。

IsBOF プロパティ

UL 拡張:現在のローの位置が最初のローの前かどうかをチェックします。

IsClosed プロパティ

カーソルが現在開いているかどうかを確認します。

IsEOF プロパティ

UL 拡張:現在のローの位置が最後のローの後かどうかをチェックします。

Item プロパティ

指定されたカラムの値を [external link] Object のインスタンスとして取得します。

RecordsAffected プロパティ

SQL 文の実行によって変更、挿入、または削除されたローの数を返します。SELECT 文または CommandType.TableDirect テーブルの場合、この値は -1 です。

RowCount プロパティ

UL 拡張:カーソル内のローの数を返します。

Schema プロパティ

UL 拡張:このカーソルのスキーマを保持します。

[external link] VisibleFieldCount (DbDataReader から継承)

[external link] DbDataReader の非表示でないフィールドの数を取得します。

パブリック・メソッド
メンバ名 説明

Close メソッド

カーソルを閉じます。

[external link] Dispose (DbDataReader から継承)

この [external link] DbDataReader によって消費されたリソースを解放します。

GetBoolean メソッド

指定されたカラムの値を System.Boolean として返します。

GetByte メソッド

指定されたカラムの値を符号なし 8 ビット値 (System.Byte) として返します。

GetBytes メソッド

UL 拡張:指定されたカラムの値を System.Bytes 配列として返します。ULDbType.Binary 型、ULDbType.LongBinary 型、ULDbType.UniqueIdentifier 型のカラムの場合にのみ有効です。

GetChar メソッド

このメソッドは Ultra Light.NET ではサポートされていません。

GetChars メソッド

指定されたオフセットで始まる、指定された ULDbType.LongVarchar カラムの値のサブセットを、コピー先の System.Char 配列の指定されたオフセットにコピーします。

[external link] GetData (DbDataReader から継承)

要求されたカラムの順序の [external link] DbDataReader オブジェクトを返します。

GetDataTypeName メソッド

指定されたカラムのプロバイダのデータ型の名前を返します。

GetDateTime メソッド

指定されたカラムの値を、ミリ秒の精度の System.DateTime として返します。

GetDecimal メソッド

指定されたカラムの値を System.Decimal として返します。

GetDouble メソッド

指定されたカラムの値を System.Double として返します。

GetEnumerator メソッド

ULDataReader の反復処理を実行する System.Collections.IEnumerator を返します。

GetFieldType メソッド

指定されたカラムに最適な System.Type を返します。

GetFloat メソッド

指定されたカラムの値を System.Single として返します。

GetGuid メソッド

指定されたカラムの値を UUID (System.Guid) として返します。

GetInt16 メソッド

指定されたカラムの値を System.Int16 として返します。

GetInt32 メソッド

指定されたカラムの値を Int32 として返します。

GetInt64 メソッド

指定されたカラムの値を Int64 として返します。

GetName メソッド

指定されたカラムの名前を返します。

GetOrdinal メソッド

指定されたカラムのカラム ID を返します。

[external link] GetProviderSpecificFieldType (DbDataReader から継承)

指定されたカラムのプロバイダ固有のフィールド・タイプを返します。

[external link] GetProviderSpecificValue (DbDataReader から継承)

指定されたカラムの値を [external link] Object のインスタンスとして取得します。

[external link] GetProviderSpecificValues (DbDataReader から継承)

現在のローのコレクション内のプロバイダ固有のすべての属性カラムを取得します。

GetSchemaTable メソッド

ULDataReader のカラムのメタデータが記述された System.Data.DataTable を返します。

GetString メソッド

指定されたカラムの値を System.String として返します。

GetTimeSpan メソッド

指定されたカラムの値を、ミリ秒の精度の System.TimeSpan として返します。

GetUInt16 メソッド

指定されたカラムの値を System.UInt16 として返します。

GetUInt32 メソッド

指定されたカラムの値を UInt32 として返します。

GetUInt64 メソッド

指定されたカラムの値を System.UInt64 として返します。

GetValue メソッド

指定されたカラムの値をネイティブ・フォーマットで返します。

GetValues メソッド

現在のローのすべてのカラム値を返します。

IsDBNull メソッド

指定されたカラムの値が NULL かどうかをチェックします。

MoveAfterLast メソッド

UL 拡張:カーソルの最後のローの後に、カーソルを配置します。

MoveBeforeFirst メソッド

UL 拡張:カーソルの最初のローの前に、カーソルを配置します。

MoveFirst メソッド

UL 拡張:カーソルの最初のローに、カーソルを配置します。

MoveLast メソッド

UL 拡張:カーソルの最後のローに、カーソルを配置します。

MoveNext メソッド

UL 拡張:カーソルを次のローに配置します。ただし、カーソルがすでに最後のローにある場合は最後のローの後に配置します。

MovePrevious メソッド

UL 拡張:カーソルを前のローに配置するか、最初のローの前に配置します。

MoveRelative メソッド

UL 拡張:現在のローを基準としてカーソルを配置します。

NextResult メソッド

バッチ SQL 文の結果を読み込むときに ULDataReader を次の結果に進めます。

Read メソッド

カーソルを次のローに配置します。ただし、カーソルがすでに最後のローにある場合は最後のローの後に配置します。

参照