Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light J » Ultra Light J の使用 » Ultra Light J の概要

 

Ultra Light J の機能

データベース・ストア

Ultra Light J では、データベースをメモリ (非永続的) または記憶装置 (永続的) に格納することができます。Java SE の場合、ファイル・システムは記憶装置です。BlackBerry スマートフォンの場合は、BlackBerry のオブジェクト・ストアです。

トランザクション

トランザクションは、コミットまたはロールバックの間の一連のオペレーションです。永続的なデータベース・ストアの場合、コミット操作は、最後のコミットまたはロールバックの実行後に行われたすべての変更を永続的にします。ロールバック操作は、最後にコミットが呼び出されたときの状態にデータベースを戻します。

Ultra Light J のトランザクションとロー・レベルのオペレーションはそれぞれアトミックです。複数のカラムを対象とした挿入操作では、すべてのカラムにデータが挿入されるか、どのカラムにもデータが挿入されないかのいずれかです。

チェックポイントとリカバリ

Ultra Light J は、自動チェックポイントと手動チェックポイントの両方の機能を提供します。自動に設定されている場合、コミット文を実行したときにテーブルのローとインデックスが更新されます。自動ではなかった場合、Connection インタフェースの checkpoint メソッドを使用してチェックポイントが呼び出されます。

同時実行性とロッキング

Ultra Light J では、最大レベルの同時実行性を実現するために独立性レベル 0 (コミットされない読み出し) が使用されます。

  • ロッキング   2 つの異なる接続が、同時に同じローを変更することはできません。2 つの接続が同じローを操作しようとすると、一方の接続が終了するまでもう一方の接続はブロックされます。

  • 可視性   データベース上で 1 つの接続が操作を行うと、その他の接続から即座に参照可能になります。

キャッシュ管理

永続ストアは、ページ・ベースです。Ultra Light J は、キャッシュ内のページに対して操作します。ページのワーキング・セットは、キャッシュに保持され、先入れ先出し (FIFO) 方式で管理されます。現在使用中のページは、スワップ・アウトされないようにキャッシュ内でロックされます。

Ultra Light J のキャッシュはサイズを設定できます。

Ultra Light J では、インデックスやロー・ページの遅延ロードを使用して、永続的なデータベースの起動を高速化できます。インデックスとロー・ページは、アプリケーションから初めてアクセスされるときにロードされます。

暗号化

暗号化は Configuration オブジェクトの setEncryption メソッドを使用して設定します。このメソッドは、EncryptionControl を引数に取ってページの暗号化と復号化を行います。独自の暗号化制御を指定する必要があります。

組み込み変更トラッキング

Mobile Link 同期クライアントとして、Ultra Light J には、データベースの変更を同期できるようにトランザクション・ログ・ベースの変更トラッキング・システムが組み込まれています。

HTTP 通信と HTTPS 通信

データの同期は、HTTP ネットワーク・プロトコルまたは HTTPS ネットワーク・プロトコルを使用して実行できます。HTTPS 同期を使用すると、Mobile Link サーバまで安全に暗号化されます。

同期パブリケーション

ネットワーク・リソースを有効に活用するために、Ultra Light J は、データベースから選択したテーブルを同期可能にするパブリケーション・モデルを提供しています。

文字セットと照合

Ultra Light J は Unicode を使用します (データベースでは UTF-8 にコード化されます)。照合は Java のデフォルトのソート順であり、SQL Anywhere がサポートする UTF8BIN 照合と同等です。Ultra Light J は、Mobile Link サーバとの同期中に、UTF8 文字セットと照合を使用することを Mobile Link に通知します。