Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light J » Ultra Light J の使用 » Ultra Light J の概要

 

Ultra Light J のデータベース・ストア

サポートされているデータベース・ストア

Ultra Light J でサポートされているデータベース・ストアのリストを次に示します。

データベース・ストアのタイプ プラットフォームのサポート
ファイル・システム・ストア Java SE
RIM オブジェクト・ストア (RIM11) Java ME
レコード・ストア Java ME
非永続ストア すべての Java プラットフォーム
BlackBerry オブジェクト・ストアの制限事項

BlackBerry スマートフォン上でのデータベース・ストアのサイズは、利用可能なオブジェクト・ハンドル数によって制限されます。利用可能なオブジェクト・ハンドル数は、フラッシュ・メモリのサイズで決まります。

フラッシュ・メモリ 永続的ハンドル数 ハンドル数
8 MB 12000 24000
16 MB 27000 56000
32 MB 65000 132000

Ultra Light J では、データベースに値を格納するためにオブジェクト・ハンドルが必要です。たとえば、10 個のカラムと 2 つのインデックスがあるテーブルのローには、最低 12 個のオブジェクト・ハンドルが必要です。

より大きなデータベース・ストアを許可するには、データベース・ページごとに永続的なオブジェクト・ハンドルが必要です。

永続ストアの設定とリカバリ

データベースを作成するときに、Configuration オブジェクトを使用して、アプリケーションに次のいずれかの永続性の形式を選択します。

  • 非永続的   NonPersist オブジェクトを作成すると、メモリ内だけに存在するデータベース・ストアが構成されます。データベースは起動時に作成され、アプリケーションの実行中に使用され、アプリケーションの終了時に破棄されます。アプリケーションの終了時には、非永続ストアに含まれるデータがすべて削除されます。

  • 終了時書き込み型の永続性   永続的設定オブジェクトの setWriteAtEnd メソッドを使用して終了時書き込み型の永続性を有効にすると、接続の解放時にのみデータがデータベースに書き込まれます。この形式の永続性では、トランザクションが全体的に高速になりますが、アプリケーションが異常終了した場合はデータが失われる可能性があります。

  • シャドー・ページング型の永続性   シャドー・ページング型は、最も永続性が強力な形式です。永続的設定オブジェクトの setShadowPaging メソッドを使用して有効にできます。起動時に有効にすると、アプリケーションが予期せず終了した場合でも、最後のチェックポイント時の状態にデータベースを回復できます。

  • シンプル・ページング型の永続性   シャドー・ページングが有効ではないときは、永続性のシンプル・ページング実装が使用されます。すべてのデータが、データが読み込まれたページと同じページに書き込まれます。更新の開始時から更新が完了するまでの間はデータベースは破損しているとみなされます。破損したデータベースは、起動時に検出できますが、回復させることはできません。シンプル・ページングは、シャドー・ページングと比べてメモリ使用量が大幅に少なく、パフォーマンスが高くなります。