Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light J » Ultra Light J リファレンス » Ultra Light J API リファレンス


PreparedStatement インタフェース

SQL クエリを実行して ResultSet を生成するか、準備された SQL 文を Ultra Light データベースに対して実行するメソッドを提供します。

public PreparedStatement

次の例は、PreparedStatement を実行し、ResultSet が作成されたかどうかを確認し、ResultSet をローカル変数に格納し、PreparedStatement を閉じる方法を示しています。

// Create a new PreparedStatement object from an existing connection.
String sql_string = "SELECT * FROM SampleTable";
PreparedStatement ps = conn.prepareStatement(sql_string);

// result returns true if the execute statement runs successfully.
boolean result = ps.execute();

// Check if the PreparedStatement contains a ResultSet.
if (ps.hasResultSet()) {
    // Store the ResultSet in the rs variable.
    ResultSet rs = ps.getResultSet();

// Close the PreparedStatement to release resources.

PreparedStatement のすべてのメンバ (継承されたメンバも含みます) を以下に示します。

close メソッド
execute メソッド
executeQuery メソッド
getPlan メソッド
getResultSet メソッド
getUpdateCount メソッド
hasResultSet メソッド