Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light - M-Business Anywhere プログラミング » Ultra Light for M-Business Anywhere 開発の概要 » SQL を使用したデータ操作

 

SQL を使用したナビゲーション

Ultra Light for M-Business Anywhere は、幅広いナビゲーション作業を行うために、結果セットをナビゲーションする多数のメソッドを提供します。

次の ResultSet オブジェクトのメソッドを使うと、結果セット内をナビゲーションできます。

  • moveAfterLast   最後のローの後に移動します。

  • moveBeforeFirst   最初のローの前に移動します。

  • moveFirst   最初のローに移動します。

  • moveLast   最後のローに移動します。

  • moveNext   次のローに移動します。

  • movePrevious   前のローに移動します。

  • moveRelative   いくつかのローを、現在のローを基準にして相対的に移動します。正のインデックス値は結果セット内を前に移動し、負のインデックス値は結果セット内を後ろに移動し、0 はカーソルを移動しません。ロー・バッファを再移植する場合は、0 が便利です。

次のコード・フラグメントは、moveFirst メソッドを使用して、結果セット内をナビゲーションする方法を説明します。

PrepStmt = conn.prepareStatement( 
    "SELECT ID, Name FROM customer", null );
MyResultSet = PrepStmt.executeQuery( null );
MyResultSet.moveFirst();

すべての move メソッドで同じ方法を使用できます。

これらのナビゲーション・メソッドの詳細については、ResultSet クラスを参照してください。