Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light - M-Business Anywhere プログラミング » Ultra Light for M-Business Anywhere API リファレンス » Connection クラス

 

startSynchronizationDelete メソッド

同期用に、この接続によって行われる以後のすべての削除にマークを付けます。

構文
startSynchronizationDelete( )
備考

この関数が呼び出されると、すべての削除操作がもう一度同期されます。