Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Ultra Light - M-Business Anywhere プログラミング » Ultra Light for M-Business Anywhere API リファレンス » Connection クラス

 

synchronizeWithParm メソッド

指定された SyncParms オブジェクトを使用してデータベースの同期をとります。

構文
synchronizeWithParm( SyncParms parms)
パラメータ
  • parms   この同期で使用される SyncParms オブジェクト。

備考

このメソッドでは、接続間で同期パラメータを共有できます。

結果の詳細なステータスは、この接続の SyncResult オブジェクトでレポートされます。