Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー データベース管理 » データベースのメンテナンス » バックアップとデータリカバリ » データベースのリカバリ » トランザクションログが複数の場合のデータベースのリカバリ

 

dbtran ユーティリティを使用した、複数のトランザクションログがあるデータベースのリカバリ
 ♦ 複数のトランザクションログからリカバリするには、次の手順に従います (dbtran ユーティリティ)。
注意

ログ変換ユーティリティ (dbtran) を使用して複数のトランザクションログがあるデータベースのリカバリを行うよりも、-a または -ad を使用してログを適用することをおすすめします。

ログ変換ユーティリティ (dbtran) は、最後のオプションとして使用するべきです。

dbtran により複数のトランザクションログを変換し、データの整合性を維持するには、-m および -n オプションの両方を指定する必要があります。-m オプションは、指定したディレクトリ内にあるログからのすべてのトランザクションを含むファイル (-n によって指定) を作成するようログ変換ユーティリティ (dbtran) に指示します。

複数のトランザクションログファイルにまたがるトランザクションがある場合、dbtran を使用して各ログを個別に変換すると、トランザクションがロールバックされる可能性があるため、-m を使用する必要があります。dbtran は、ログを変換するときに、ROLLBACK 文をログの最後に追加してコミットされていないトランザクションを取り消そうとします。トランザクションが 2 つのログにまたがっている場合、トランザクションの COMMIT が 2 番目のログファイルで発生します。最初のログファイルにトランザクションの COMMIT が含まれていないために、このファイルに対する最後の操作が dbtran によってロールバックされます。-m を使用してディレクトリ内のすべてのトランザクションログファイルを変換すると、確実にすべてのトランザクションが変換されます。

  1. トランザクションログファイルを含むディレクトリに対してログ変換ユーティリティ (dbtran) を実行して、その結果生成された SQL 文を .sql ファイルに出力します。

  2. データベースのバックアップコピーを開始します。

  3. 手順 1 で dbtran によって生成された .sql ファイルを、Interactive SQL からデータベースのバックアップコピーに適用します。

 参照
 例