Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー データベース管理 » データベースのメンテナンス » SQL Anywhere の高可用性 » データベースミラーリング

 

データベースミラーリングモード

データベースミラーリングには次の 3 種類の実行モードがあります。

各モードは、トランザクションがミラーサーバーで記録されるタイミングと方法を制御します。設定には、synchronization_mode オプションの値を設定する SET MIRROR OPTION 文を使用します。デフォルトは同期モードです。

コピーノードへのログページの送信は、選択されたモードに関係なく常に非同期で行われます。

データベースミラーリングシステムで使用する同期実行モードを選択する場合は、フェールオーバーの発生時にリカバリ速度とデータの状態とでどちらを優先するかを決定する必要があります。

データベースミラーリングのモードは、MirrorMode データベースプロパティの値を問い合わせることによって確認できます。

SELECT DB_PROPERTY( 'MirrorMode' );
 同期モード
 非同期モード
 非同期フルページモード
 参照

同期ステータス
ステータス情報ファイル