Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー データベース管理 » データベースの開始とデータベースへの接続 » データベースファイルのタイプ

 

SQL Anywhere データベースの作成

SQL Anywhere データベースを作成するには、まず、データベースに格納されるテーブル (エンティティ)、各テーブルのカラム (属性)、テーブル間の関係 (キーと制約) を定義します。

新しいデータベースには概念データベースモデル (CDM) を作成することをおすすめします。Sybase PowerDesigner などの CDM アプリケーションを使用して、データベース設計を作成し、検証できます。これらのツールで作成された SQL 文は、通常 ODBC インターフェイスを通してデータベースサーバーに送信されます。このようなツールを使えば、テーブルの作成、パーミッションの割り当てなどを行う SQL 文を構築する必要はありません。

データベースの設計と CDM の作成の詳細については、[external link] http://infocenter.sybase.com/help/index.jspで入手できる Sybase PowerDesigner のマニュアルを参照してください。

テーブルやビューなどのデータベースオブジェクトの詳細については、テーブル、ビュー、インデックスを参照してください。

また、Sybase Central、Interactive SQL、またはコマンドラインを使用して、SQL Anywhere データベースを作成または「初期化」できます。データベースを作成したら、そのデータベースに接続して、テーブルやその他のオブジェクトを追加できます。

 トランザクションログ
 データベースファイルの互換性
 参照

オブジェクト名の考慮事項
カラムデータ型の考慮事項
カラムの圧縮の考慮事項
制約の考慮事項
データベースの作成 (Sybase Central)
データベースの作成 (SQL の場合)
データベースの作成 (コマンドラインの場合)
トランザクションログミラーを使用するデータベース