Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー データベース管理 » データベースのモニタリング » SQL Anywhere モニター » 警告

 

警告スレッショルドの指定

 ♦ 警告を発行するタイミングを設定するには、次の手順に従います。

管理者は、警告を発行するタイミングを設定できます。ただし、モニターが収集するメトリックを設定したり、デフォルトリソースの SQL Anywhere モニターを設定することはできません。

  1. モニターに管理者としてログインします。

  2. [ツール]  » [管理] をクリックします。

  3. [リソース] をクリックし、リストからリソースを選択します。

  4. [設定] をクリックします。

  5. [警告のスレッショルド] をクリックします。スレッショルドを編集します。警告の定義については、警告スレッショルドを参照してください。

  6. その他の設定を必要に応じて指定します。

  7. [保存] をクリックします。

  8. 認証情報を要求されたら、データベースの DBA ユーザー ID とパスワードを指定します。

    SQL Anywhere データベースのリソースを編集する場合は、データベースの DBA ユーザー ID とパスワードを指定する必要があります。これらのクレデンシャルは、データベースへの接続と、モニタリングに必要なインストールされたデータベースオブジェクトの変更に使用されます。これにより、DBA クレデンシャルがモニターから削除されます。

  9. [閉じる] をクリックします。

  10. [閉じる] をクリックします。

 参照

リソースからの未送信のエラーレポートに関する警告の抑制