Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー データベース管理 » データベースの開始とデータベースへの接続 » SQL Anywhere データベース接続

 

別のコンピューターで実行中のデータベースに接続 (Sybase Central または Interactive SQL の場合)

現在ネットワークデータベースサーバーで稼働しているデータベースへは、[別のコンピューターで稼働しているデータベースに接続] オプションを使用し、[接続] ウィンドウから接続します。

前提条件

この手順は、データベースが別のコンピューターのネットワークサーバー上で実行中であることを前提としています。まだ稼働していない場合には、データベースサーバーとデータベースを起動します。たとえば、次のコマンドを実行して、SQL Anywhere 12 サンプルデータベースを起動します。

dbsrv12 -n demo12 "%SQLANYSAMP12%\demo.db"

内容と備考

次のとおりです。

 ♦ 別のコンピューターで実行中のデータベースに接続するには、次の手順に従います (Sybase Central または Interactive SQL の場合)。
  1. Sybase Central または Interactive SQL で、[接続] ウィンドウを開きます。[接続] ウィンドウを開く (Sybase Central の場合)を参照してください。

  2. データベースに接続するための情報を以下のフィールドに入力します。

    1. [認証] ドロップダウンリストで [データベース] をクリックします。

    2. [ユーザー ID] フィールドにユーザー名を入力します。たとえば、DBA と入力します。

    3. [パスワード] フィールドにユーザーのパスワードを入力します。たとえば、sql と入力します。

    4. [アクション] ドロップダウンリストで、[別のコンピューターで稼働しているデータベースに接続] をクリックし、別のコンピューター上で実行されているデータベースに接続します。

    5. [ホスト] フィールドに、データベースサーバーが実行中のコンピューターのホスト名を入力します。

    6. [サーバー名] フィールドに、サーバー名を入力するか、[検索] をクリックします。たとえば、demo12 と入力します。

      注意

      コンピューターは、組み込みの SQL Anywhere サーバーを含むソフトウェアを実行している可能性があり、その場合、気づかずに複数のサーバーが実行されているかもしれません。常にサーバー名を指定する (ServerName=server-name) ことをおすすめします。

    7. [データベース名] フィールドにデータベースの名前を入力します。たとえば、demo と入力します。

  3. オプション。このウィンドウで作成される接続文字列をコピーするには、[ツール] » [接続文字列をクリップボードにコピー] をクリックします。

  4. [接続] をクリックします。

結果

管理ツールがデータベースに接続されます。

次の手順

なし。

 参照