Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー データベース管理 » データベースの開始とデータベースへの接続 » SQL Anywhere データベース接続 » ODBC データソース

 

ODBC ファイルデータソースの作成 (ODBC データソースアドミニストレーターの場合)

ODBC データソースアドミニストレーターを使用して、ODBC データソース情報をファイルに格納することができます。

前提条件

ファイルデータソースを正常に作成するには、ファイルデータソースの作成対象となるデータベースに対して接続を確立できる必要があります。

内容と備考

次のとおりです。

 ♦ ODBC ファイルデータソースを作成するには、次の手順に従います (ODBC データソースアドミニストレーターの場合)。
  1. [スタート] » [プログラム] » [SQL Anywhere 12] » [管理ツール] » [ODBC データソースアドミニストレーター] をクリックします。

  2. [ファイル DSN] タブをクリックします。

  3. [追加] をクリックします。

  4. [ドライバー] リストで SQL Anywhere 12 をクリックします。

  5. [次へ] をクリックします。

  6. データ ソースの新規作成ウィザードの指示に従います。

  7. [OK] をクリックします。

  8. [OK] をクリックします。

    警告

    ユーザー ID、パスワード (暗号化の有無は不問)、データベースキーをデータソースに保存することはおすすめしません。

結果

ODBC データソースファイルが作成されます。

次の手順

なし。