Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー データベース管理 » データベースのメンテナンス » バックアップとデータリカバリ

 

データベースのリカバリ

「リカバリ」は、インクリメンタルトランザクションログファイルを使用してデータベースファイル、トランザクションログ、DB 領域をリストアし、データベースファイルをできるだけ最新の状態にすることです。

バックアップは、バックアップとリカバリのプランの一環として検証することが重要です。リカバリには、必ずデータベースの有効なバックアップコピーを使用してください。

リカバリ処理で実行する必要がある手順は、バックアップ処理でインクリメンタルバックアップのトランザクションログに変更を加えなかったかどうかによって異なります。バックアップの処理中にトランザクションログの削除または名前の変更を行った場合、複数のトランザクションログに加えられた変更を適用する必要があります。バックアップ処理でトランザクションログに変更が加えられていない場合は、リカバリのときにはオンライントランザクションログだけを使用すれば済みます。

トランザクションログが複数ある場合、トランザクションが複数のトランザクションログにまたがっている可能性があります。リカバリのときには、トランザクションログを正しい順序で適用する必要があります。適用しない場合、複数のトランザクションログにまたがっているトランザクションがロールバックされます。トランザクションログの正しい適用順序をデータベースサーバーに判断させる場合は、データベースサーバーオプションとして -ad を指定します。

 参照

自動リカバリ処理
コミットされていない操作のリカバリ
イメージバックアップからのリストア
アーカイブバックアップからのリストア
ライブバックアップからの再起動
トランザクションログが複数の場合のデータベースのリカバリ
メディア障害リカバリ