Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー データベース管理 » データベースのメンテナンス » バックアップとデータリカバリ » データベースのリカバリ

 

アーカイブバックアップからのリストア

 ♦ アーカイブバックアップからデータベースをリストアするには、次の手順に従います (Sybase Central の場合)。

この手順では、リカバリ処理中に適用する必要がある、トランザクションログのインクリメンタルバックアップがないと想定しています。トランザクションログの複数のコピーをバックアップした場合のデータベースのリカバリについては、トランザクションログが複数の場合のデータベースのリカバリを参照してください。

空きページの除去をオンにして強力に暗号化されているデータベースのコピーを作成した場合は、データベースをリストアするときに暗号化キーを指定する必要があります。

  1. パーソナルデータベースサーバーを起動します。

    たとえば、次のコマンドは、restore というデータベースサーバーを起動します。

    dbeng12 -n restore
  2. Sybase Central を起動し、ユーティリティデータベースに接続します。次のフィールドを完成させます。

    • [ユーザー ID]   DBA と入力します。

    • [パスワード]   sql と入力します。

    • [データベース名]   utility_db と入力します。

  3. [OK] をクリックします。

  4. [ツール] » [SQL Anywhere]12 » [データベースのリストア] をクリックします。

  5. ウィザードの指示に従います。

 ♦ アーカイブバックアップからデータベースをリストアするには、次の手順に従います (Interactive SQL の場合)。
  1. パーソナルデータベースサーバーを起動します。

    たとえば、次のコマンドは、restore というデータベースサーバーを起動します。

    dbeng12 -n restore
  2. Interactive SQL を起動して、ユーティリティデータベースに接続します。次のフィールドを完成させます。

    • [ユーザー ID]   DBA と入力します。

    • [パスワード]   sql と入力します。

    • [データベース名]   utility_db と入力します。

  3. [OK] をクリックします。

  4. アーカイブルートを指定して RESTORE DATABASE 文を実行します。

    この時点で、アーカイブされたデータベースを元のロケーション (デフォルト) にリストアするか、RENAME 句を使用して別のコンピューターに別のデバイス名を使用してリストアするかを選択できます。RESTORE DATABASE 文を参照してください。

 参照
 例