Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー データベース管理 » データベースのメンテナンス » バックアップとデータリカバリ

 

クライアント側バックアップ

クライアント側バックアップは、次の方法で作成できます。

ツール その他の情報
バックアップユーティリティ (dbbackup) バックアップユーティリティ (dbbackup) は、物理デバイスレベルの並列処理を使用して、バックアップ操作の完了に必要な総時間を節約します。並列バックアップは、Windows Mobile ではサポートされていません。
DBBackup 関数 DBBackup メソッド [データベースツール]を参照してください。
 ♦ クライアント側バックアップを作成するには、次の手順に従います (dbbackup ユーティリティの場合)。

dbbackup ユーティリティでは、データベースファイルとトランザクションログ (任意) のコピーをそれぞれ別のファイルとして含むイメージバックアップが作成されます。

  1. BACKUP 権限または REMOTE DBA 権限を持つユーザーでデータベースに接続します。

  2. クライアントコンピューターでバックアップユーティリティ (dbbackup) を実行します。次に例を示します。

    dbbackup -c "HOST=myhost;DBN=demo;UID=DBA;PWD=sql" SQLAnybackup
 参照

ライブバックアップの作成