Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー データベース管理 » データベースのメンテナンス » バックアップとデータリカバリ » 同期やレプリケーションに関連するデータベースのバックアップ » トランザクションログの管理

 

トランザクションログバックアップコピーに名前を付ける

デフォルトでは、トランザクションログファイルのバックアップコピーには、オンラインファイルと同じ名前が付けられます。バックアップを実行するたびに、バックアップコピーに別の名前または場所を割り当てるか、次のバックアップが終了する前にバックアップコピーを移動する必要があります。

繰り返し可能なインクリメンタルバックアップコマンドを作成するには、トランザクションログのバックアップコピーの名前を変更します。

注意

トランザクションログのバックアップコピーには、YYMMDDxx.log 形式の名前が付きます。YY は年、MM は月、DD は日です。xx は AA から ZZ までの英字で、1 日に何度もバックアップをする場合に値が 1 ずつ増加します。YYMMDDxx.log というファイル名は、順序付けではなく、ファイルを区別するために使用されます。

通常、この一連のバックアップオプションは、レプリケーションに関連するデータベースに使用します。データベースファイルのバックアップコピーとトランザクションログを作成するだけでなく、バックアップ時のトランザクションログはオフラインログとして、名前が変更されます。新しいトランザクションログは、バックアップ時と同じログ名になります。

 ♦ トランザクションログのバックアップコピーの名前を変更するには、次の手順に従います (SQL の場合)。
  • BACKUP 文内に MATCH キーワードを使用します。たとえば、次の文では、トランザクションログのインクリメンタルバックアップをディレクトリ c:\backup に作成します。トランザクションログのバックアップコピーには、YYMMDDxx.log 形式の名前が付きます。YYMMDD は日付、xx は AA から始まるカウンターです。

    BACKUP DATABASE
    DIRECTORY 'c:\\backup'
    TRANSACTION LOG ONLY
    TRANSACTION LOG RENAME MATCH;
 ♦ トランザクションログのバックアップコピーの名前を変更するには、次の手順に従います (コマンドラインの場合)。
  • dbbackup に -n オプションを指定します。たとえば、次のコマンドでは、サンプルデータベースのインクリメンタルバックアップを作成し、トランザクションログのバックアップコピーの名前を変更します。

    dbbackup -c "UID=DBA;PWD=sql;DBN=demo" -r -t -n c:\backup
 参照