Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー データベース管理 » データベースのメンテナンス » バックアップとデータリカバリ » バックアップの内部処理 » トランザクションログの管理

 

オフライントランザクションログ

バックアップ操作では、トランザクションログのバックアップに加え、オンライントランザクションログのファイル名を YYMMDDxx.log という形式に変更できます。このファイルはデータベースサーバーでは使用されませんが、Message Agent では利用できます。これを「オフライン」トランザクションログと呼びます。新しいオンライントランザクションログの最初の名前には、古いオンライントランザクションログの名前が付けられます。

YYMMDDxx.log というファイル名は、順序付けではなく、ファイルを区別するために使用されます。たとえば、最初のバックアップが 2000 年 12 月 10 日である場合、ログファイル名は 001210AA.log になります。最初の 2 桁は年、次の 2 桁は月、その次の 2 桁は日付を示し、最後の 2 文字によって、同じ日に実行された複数のバックアップを識別します。

Message Agent は、オフラインコピーを使用して古いトランザクションを必要に応じて提供できます。delete_old_logs データベースオプションを On に設定すると、Message Agent が必要としなくなった古いオフラインファイルは削除されるので、ディスク領域を節約できます。