Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー データベース管理 » データベースのメンテナンス » バックアップとデータリカバリ » バックアップの内部処理

 

トランザクションログの管理

バックアップを作成するとき、デフォルトでトランザクションログの現在の状態のコピーが作成され、トランザクションログはそのまま残されます。データベースが同期またはレプリケーションに関連している場合は、データベースのリカバリ後にトランザクションログの古いコピーにアクセスする必要がある場合があります。

多くの状況では、ディスク領域は制限されており、トランザクションログを無制限に増大させることは現実的ではありません。ディスク領域を解放するには、バックアップが完了したらトランザクションログの内容を削除することを選択できます。ただし、データベースがレプリケーションに関連する場合は、レプリケーションではトランザクションログへのアクセスを必要とするので、このオプションを選択しないでください。

次の図で、ログファイルをトランケートするフルバックアップを説明します。インクリメンタルバックアップでは、トランザクションログだけがバックアップされます。

ログファイルがトランケートされるフルバックアップでは、データベースファイルとログファイルはバックアップディレクトリにコピーされます。バックアップが完了した時点で、ログファイルがトランケートされます。バックアップは、データベースファイルを所定の場所に格納します。

各インクリメンタルバックアップ後にトランザクションログを削除すると、データベースファイルのメディア障害からリカバリするタスクが複雑になります。データベースを最新の状態にするには各トランザクションログを順番に適用する必要がありますが、最後のフルバックアップ以降に複数の異なるトランザクションログが作成されている可能性があります。

Mobile Link 統合データベースとして稼働するデータベースでは、このようなバックアップを実行できます。これは、Mobile Link サーバーがトランザクションログに依存しないためです。SQL Remote または Mobile Link dbmlsync.exe アプリケーションを実行している場合は、古いトランザクションログを保存するために、適切なスキームを使用してください。

 参照

オフライントランザクションログ
ロールバックログ