Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー データベース管理 » データベースの開始とデータベースへの接続 » チュートリアル:サンプルデータベースへの接続

 

レッスン 1:SQL Anywhere データベースサーバーの起動とデータベースサーバーメッセージウィンドウの表示

 ♦ サンプルデータベースを実行するパーソナルデータベースサーバーを起動するには、次の手順に従います (コマンドラインの場合)。
  1. 次のコマンドを入力して、パーソナルデータベースサーバーを起動し、-n サーバーオプションを使用してデータベースサーバー名を demo12 に設定し、サンプルデータベースに接続します。

    dbeng12 -n demo12 "%SQLANYSAMP12%\demo.db"

    Windows の場合、データベースサーバーはシステムトレイにアイコンとして表示されます。

    サンプルデータベースを実行するパーソナルデータベースサーバーが正常に起動されました。ただし、データベース内のデータを表示したり操作したりすることはまだできません。

    SQL Anywhere パーソナルサーバーのアイコンが単に表示されているだけです。

  2. Windows では、システムトレイで SQL Anywhere パーソナルサーバーアイコンをダブルクリックして、データベースサーバーメッセージウィンドウを表示します。

    SQL Anywhere データベースサーバーメッセージウィンドウ

    データベースサーバーメッセージウィンドウには、次の情報が表示されます。

    • サーバー名   タイトルバーに表示されている名前 (この例では demo12) が「サーバー名」です。このチュートリアルでは、サーバー名を -n サーバーオプションを使用して割り当てています。サーバー名を指定しない場合は、最初に起動されたデータベースの名前になります。この名前は、アプリケーションがデータベースに接続するときに使用します。

    • バージョンとビルド番号   サーバー名に続く数字 (12.0.1.3600 など) は、バージョン番号とビルド番号です。バージョン番号は SQL Anywhere の特定のリリースを表し、ビルド番号はコンパイル済みソフトウェアの特定のインスタンスを表します。

    • 起動情報   データベースサーバーは、起動時に、データベース要求を処理するときに使用するメモリを別に設定します。これを「キャッシュ」と呼びます。キャッシュメモリの量は、このウィンドウに表示されます。キャッシュは固定サイズの「ページ」で構成されていますが、このページのサイズもウィンドウ内に表示されます。

    • データベース情報   データベースファイルの名前とそのトランザクションログファイルがウィンドウに表示されます。

      この例では、起動時のキャッシュサイズとページのサイズはデフォルト値になっています。このチュートリアルの場合も含め、多くの場合デフォルトの起動オプションが適しています。

  3. レッスン 2:データベースへの接続に進みます。

 参照