Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー データベース管理 » データベースのメンテナンス » SQL Anywhere の読み込み専用のスケールアウト » 子コピーノードを追加する方法 » コピーノードの親の割り当て

 

コピーノードの親の判断

コピーノードは、ISYSMIRRORSERVER システムテーブルでコピーノードのミラーサーバー定義と親の値を確認することによって、接続先となるサーバーを特定します。

  • NULL は、コピーノードの親がルートノードであることを示します。

  • 親カラムに ID が表示されている場合は、その ID を持つサーバーがコピーノードの親になります。

コピーノードで親が特定されると、データベースに格納されている connection_string オプションを使用して、正しい親に接続されます。

 データベースミラーリングシステムでのコピーノードの親の特定
 参照