Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー データベース管理 » データベースのメンテナンス » SQL Anywhere の読み込み専用のスケールアウト » チュートリアル:読み込み専用のスケールアウトシステムの作成とモニタリング

 

レッスン 2:Sybase Central からの読み込み専用スケールアウトシステムのモニタリング

このレッスンでは、Sybase Central を起動し、データベース scaleoutdemo.db に接続して、Sybase Central から読み込み専用スケールアウトシステムをモニターする方法を習得します。

 ♦ Sybase Central から読み込み専用スケールアウトシステムをモニターするには、次の手順に従います。
  1. Sybase Central を起動します。[スタート] » [プログラム] » [SQL Anywhere 12] » [管理ツール] » [Sybase Central] をクリックします。

  2. [接続] » [SQL Anywhere 12 に接続] をクリックします。

  3. [接続] ウィンドウを使用して、データベース scaleoutdemo.db に接続します。

    1. [ユーザー ID] フィールドに DBA と入力します。

    2. [パスワード] フィールドに sql と入力します。

    3. [サーバー名] フィールドに scaleout_root_demo と入力します。

    4. [接続] をクリックします。

  4. メインウィンドウにある [概要] タブをクリックして、データベースの scaleoutdemo.db をモニターします。

  5. [データベースのミラーリングおよびスケールアウト] ドロップダウンリストをクリックして、スケールアウトシステムのプライマリサーバー名を、スケールアウトシステムのコピーノードに関する情報と併せて表示します。

  6. Sybase Central をシャットダウンします。

    1. [F12] キーを押してデータベースから Sybase Central を切断します。

    2. [ファイル] » [終了] をクリックします。

  7. レッスン 3:SQL Anywhere モニターからの読み込み専用スケールアウトシステムのモニタリングに進みます。