Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー データベース管理 » データベースのメンテナンス » SQL Anywhere の読み込み専用のスケールアウト » チュートリアル:読み込み専用のスケールアウトシステムの作成とモニタリング

 

レッスン 3:SQL Anywhere モニターからの読み込み専用スケールアウトシステムのモニタリング

このレッスンでは、読み込み専用スケールアウトシステムでルートノードである SQL Anywhere データベースを起動し、このデータベースを、SQL Anywhere モニターからモニタリングされるリソースとして追加します。

 ♦ データベースリソースをモニターに追加するには、次の手順に従います。
  1. SQL Anywhere モニターを起動します。

    • モニター Developer Edition を起動するには、次の手順に従います (Windows の場合)。   [スタート] » [プログラム] » [SQL Anywhere 12] » [管理ツール] » [SQL Anywhere モニター] をクリックします。

    • モニター Developer Edition を起動するには、次の手順に従います (Linux の場合)。   モニターのインストールディレクトリの bin32 または bin64 ディレクトリから samonitor.sh スクリプトを実行します。
      samonitor.sh launch

  2. SQL Anywhere モニターにログインします。

    • デフォルトの管理者ユーザーとしてモニターにログインします。   [ユーザー名] フィールドに admin と入力し、[パスワード] フィールドに admin と入力します。

  3. 新しいデータベースリソースを追加します。

    読み込み専用スケールアウトシステムとその他のデータベースサーバーで、ルートノード用のリソース設定には違いはありません。リソースの設定時や移行時に、モニターはリソースが読み込み専用スケールアウトシステムのルートノードであることを検出します。

    1. 左のサイドバーにある [ツール] » [管理] をクリックします。

    2. [リソース] をクリックして、[追加] をクリックします。

    3. [SQL Anywhere サーバー] をクリックして [次へ] をクリックします。

    4. [名前] フィールドに scaleoutdemo と入力し、[次へ] をクリックします。

    5. [ホスト] フィールドに localhost と入力し、[サーバー] フィールドに scaleout_root_demo と入力します。

    6. [作成] をクリックします。

  4. 必要な認証情報が要求されたら、[DBA ユーザー ID] フィールドに DBA と入力し、[パスワード] フィールドに sql と入力します。[OK] をクリックします。

    データベースをモニタリング対象のリソースとして追加する場合は、データベースの DBA ユーザー ID とパスワードを指定する必要があります。これらのクレデンシャルは次の操作を行う場合に使用されます。

    • データベースに接続します。

    • sa_monitor_user という名前の新しいユーザーを作成します。モニターは、sa_monitor_user を使用してデータベースに接続し、モニタリングします。

    • データベースをモニタリングするために sa_monitor_user が必要とするデータベースオブジェクトをインストールします。インストールされるオブジェクトのリストについては、モニターがインストールしたデータベースオブジェクトのリストを参照してください。

    • モニターから DBA クレデンシャルを破棄します。sa_monitor_user はモニタリングされるデータベースに追加されるので、そのデータベース外部のどこかに DBA クレデンシャルを格納する必要はありません。

    リソースが追加され、モニタリングが自動的に開始されます。

  5. [閉じる] をクリックします。

  6. [閉じる] をクリックします。

  7. [ダッシュボード] » [概要] をクリックします。

    [リソースリスト] に scaleoutdemo リソースが表示されます。

  8. [scaleoutdemo] をクリックすると、scaleoutdemo ダッシュボードが開き、収集されたメトリックが表示されます。

 ♦ [SQL Anywhere スケールアウトトポロジ] ウィジェットの追加
  1. scaleoutdemo ダッシュボードの右上端で、[カスタマイズ] » [ウィジェットの追加] » [SQL Anywhere スケールアウトトポロジ] をクリックします。

  2. [次へ] をクリックします。

  3. [このウィジェットの名前を指定してください。] フィールドに scaleoutwidget と入力します。

  4. [どのようなリソースに関心がありますか ?] フィールドで scaleoutdemo を選択します。

  5. [作成] をクリックします。

ダッシュボードに新しいウィジェットが表示されます。

読み込み専用スケールアウトシステム用の [SQL Anywhere スケールアウトトポロジ] ウィジェット。

トポロジウィジェットでは、次のカラムとその使用できる値が表示されます。

  • [サーバー名]   スケールアウトシステムのノード名。

  • [タイプ]   サーバーのロール。タイプは、読み込み専用スケールアウトシステムが作成されたときにサーバーが定義された方法によって、[partner - primary] または [コピー] のいずれかになります。

  • [状態]   ノードの接続状況。[接続しました] または [切断しました] のいずれか 1 つになります。

  • [接続]   このノードへの現在の接続数。

  • [最終更新]   サーバーがステータスを最後に更新した時刻。

レッスン 4:モニターからのログアウトと、読み込み専用スケールアウトシステムのシャットダウンに進みます。