Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー データベース管理 » データベースの開始とデータベースへの接続 » SQL Anywhere データベース接続 » ODBC データソース

 

ODBC データソースでの SQL Anywhere 接続パラメーター

ODBC データソースを使用してデータベースに接続することができます。ODBC データソースはクライアントコンピューター上にあります。

ODBC データソースには、一連の接続パラメーターが格納されています。SQL Anywhere の一連の接続パラメーターは、ODBC データソースとして、Windows レジストリに格納するか、ファイルとして格納できます。

SQL Anywhere では、ODBC インターフェイスを使用する Windows アプリケーション以外でも ODBC データソースを使用できます。

  • UNIX と Windows の各オペレーティングシステムで動作する SQL Anywhere クライアントアプリケーションで ODBC データソースを使用できます。

  • ODBC データソースは、jConnect と Sybase Open Client 以外のすべての SQL Anywhere クライアントインターフェイスで使用できます。UNIX と Windows Mobile の各オペレーティングシステムでは、データソースはファイルに格納されます。

データソースがある場合、使用するデータソースを次のように接続文字列で指定できます。

  • データソース名   DataSourceName (DSN) 接続パラメーターを使用して、Windows レジストリ内のデータソースを参照します。
    DSN=my-data-source

  • ファイルデータソース   FileDataSourceName (FILEDSN) 接続パラメーターを使用して、ファイルに格納されているデータソースを参照します。
    FileDSN=mysource.dsn

注意

接続文字列と ODBC データソースがどちらも同じ接続パラメーターを指定する場合、接続文字列の値が使用され、データソースからの値は無視されます。接続パラメーターの構文ルールを参照してください。

 参照