Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー データベース管理 » データベースの開始とデータベースへの接続 » データベースファイルのタイプ » トランザクションログ

 

トランザクションログミラー

「トランザクションログミラー」はトランザクションログの完全なコピーであり、トランザクションログと同時に管理されます。データベースにトランザクションログミラーがある場合、データベースに対する変更は、トランザクションログとトランザクションログミラーの両方に書き込まれます。デフォルトでは、データベースは、トランザクションログミラーを持ちません。

トランザクションログミラーは、重要なデータを二重に保護します。トランザクションログでメディア障害が発生した場合に、完全なデータリカバリが可能になります。また、トランザクションログミラーがあると、データベースの開始時に、データベースサーバーによるトランザクションログの自動検証が可能になります。

大容量または重要なアプリケーションを実行する場合は、トランザクションログミラーを使用することをおすすめします。たとえば、SQL Remote 設定における統合データベースでは、レプリケーションはトランザクションログに依存します。トランザクションログが損傷した場合、データのレプリケーションは失敗します。

トランザクションログミラーを使用している場合、ログのいずれかに書き込もうとしてエラーが発生すると (ディスクが満杯の場合など)、データベースサーバーが停止します。トランザクションログミラーの目的は、いずれかのログデバイスでメディア障害が発生したときに完全にリカバリできるようにすることです。1 つのトランザクションログを使用してサーバーを実行し続けると、この目的は達成できません。

データベースサーバーの起動時に -fc オプションを指定して、データベースサーバーでファイルシステムがいっぱいになった場合のコールバック関数を実装できます。-fc dbeng12/dbsrv12 サーバーオプションを参照してください。

 トランザクションログミラーの保存先
 トランザクションログミラーに代わる方法