Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー データベース管理 » データベースの開始とデータベースへの接続 » SQL Anywhere データベース接続

 

Sybase Central の接続プロファイル

データベースサーバーまたはデータベースに最初に接続するときには、ユーザー ID やパスワードなどの接続パラメーターを指定します。この情報は、その後の接続時に再び入力する必要があります。Sybase Central を使用するときの時間の節約と接続プロセスの簡略化のため、接続プロファイルを作成して、各データベースの接続パラメーターを保存できます。

接続プロファイルを使用したり管理したりするには、[接続] » [接続プロファイル] をクリックして、[接続プロファイル] ウィンドウを開きます。[接続プロファイル] ウィンドウを使用して、次の操作を実行します。

  • 新しい接続プロファイルの作成

  • Sybase Central の起動時に自動的に接続するプロファイルの設定

  • 既存のプロファイルの編集

  • 接続プロファイルを使用した接続

  • プロファイルの削除

  • 接続プロファイルのインポートとエクスポート

注意

接続プロファイルは Sybase Central 固有です。ODBC アプリケーションを構築している場合は、ODBC データソースを使用して接続プロファイルに似た機能を実現できます。ODBC データソースを参照してください。


接続プロファイルの作成 (Sybase Central の場合)
接続プロファイルを使用した自動的な接続 (Sybase Central の場合)
接続プロファイルの編集 (Sybase Central の場合)
接続プロファイルのインポート (Sybase Central の場合)
接続プロファイルのエクスポート (Sybase Central の場合)