Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー データベース管理 » データベース管理 » SQL Anywhere グラフィカル管理ツール » SQL Anywhere コンソールユーティリティ (dbconsole)

 

SQL Anywhere コンソールユーティリティ (dbconsole) の起動

 ♦ SQL Anywhere コンソールユーティリティを起動する (コマンドラインの場合)
  • 次のコマンドを実行します。

    dbconsole

    データベースへの接続パラメーターを指定する -c オプションを省略するなど、接続パラメーターの指定が不十分であると、[接続] ウィンドウが表示されます。このウィンドウで、データベースへの接続情報を入力できます。

    サポートされるオプションの詳細については、SQL Anywhere コンソールユーティリティ (dbconsole)を参照してください。

    次のコマンドは、SQL Anywhere コンソールユーティリティを起動し、サンプルデータベースに接続します。

    dbconsole -c "UID=DBA;PWD=sql;DSN=SQL Anywhere 12 Demo"
 ♦ SQL Anywhere コンソールユーティリティを起動する (Linux デスクトップアイコンの場合)

Linux のデスクトップアイコンをサポートする Linux バージョンを使用していて、SQL Anywhere のインストール時にこれらのアイコンをインストールするように選択した場合は、次の手順を使用できます。

  1. [アプリケーション] » [SQL Anywhere 12] » [管理ツール] » [SQL Anywhere コンソール] をクリックします。

  2. [接続] ウィンドウで、データベースの接続情報を入力します。

  3. [接続] をクリックします。

 ♦ SQL Anywhere コンソールユーティリティを起動する (UNIX コマンドラインの場合)
注意

以降の手順は、SQL Anywhere ユーティリティのソースを指定済みであることを前提としています。Unix および Mac OS X 環境変数を参照してください。

  1. ターミナルセッションで次のコマンドを実行します。

    dbconsole
  2. [接続] ウィンドウで、データベースの接続情報を入力します。

  3. [接続] をクリックします。

 ♦ SQL Anywhere コンソールユーティリティを起動する (Mac OS X の場合)
注意

管理ツールは、Apple JDK 1.6 (Mac OS X 10.5.2 以降) でサポートされている、64 ビットのプロセッサーを搭載した Intel ベースの Macintosh コンピューターだけで動作します。[external link] http://www.ianywhere.jp/tech/1061806-os_components.htmlを参照してください。

  1. Finder で、/Applications/SQLAnywhere にある [DBConsole] をダブルクリックします。12

  2. [接続] ウィンドウで、データベースの接続情報を入力します。

  3. [接続] をクリックします。

 参照