Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー データベース管理 » データベースのメンテナンス » SQL Anywhere の高可用性 » データベースミラーリングシステムの設定

 

データベースミラーリングのシナリオ

以下のシナリオは、ミラーリングシステムでサーバーが使用できなくなった場合に何が起こるかを理解するのに役立ちます。ここで使用するデータベースミラーリングは、同期モードで実行されるサーバー 1、サーバー 2、監視サーバーで構成されています。

サーバー 1、サーバー 2、監視サーバーで構成されたデータベースミラーリングシステムの例。

ミラーリングシステム内のデータベースサーバーのステータスは、MirrorState、PartnerState、ArbiterState の各データベースプロパティを使用していつでも確認できます。MirrorState データベースプロパティPartnerState データベースプロパティArbiterState データベースプロパティを参照してください。

プライマリ、ミラー、監視サーバー間の通信は、ミラーリングシステム内で定期的にチェックされます。これら 3 つのサーバー間の通信の中断は、1 つ以上のサーバーが利用できなくなることや、サーバー間のネットワークの停止によって引き起こされることがあります。

 シナリオ 1:プライマリサーバーが使用できなくなった場合
 シナリオ 2:プライマリサーバーが使用できなくなり、再起動された場合
 シナリオ 3:ミラーサーバーが使用できなくなった場合
 シナリオ 4:ミラーサーバーが使用できなくなり、再起動された場合
 シナリオ 5:監視サーバーが使用できなくなった場合
 シナリオ 6:監視サーバーが再起動された場合