Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー データベース管理 » レプリケーション

 

Open Server としての SQL Anywhere

SQL Anywhere は、クライアントアプリケーションにとっては Open Server として機能します。この機能を使用すると、Sybase Open Client アプリケーションは SQL Anywhere データベースにネイティブに接続できます。

単に、Sybase のアプリケーションを SQL Anywhere とともに使用するだけの場合は、Sybase Open Client、Sybase Open Server、または TDS の詳細を知る必要はありません。しかし、これらのコンポーネントがどのように互いに適合するかを理解すれば、データベースの設定やアプリケーションの設定に役立ちます。この項では、これらのコンポーネントが互いにどう適合するかを説明しますが、それぞれの内部機能についての説明は省略します。

 Sybase Open Client と Sybase Open Server
 Tabular Data Stream
 プログラミングインターフェイスとアプリケーションプロトコル
 TDS による TCP/IP の使用

Sybase アプリケーションと SQL Anywhere
Open Server としての SQL Anywhere の設定
Sybase Open Server の設定
Sybase Open Client と jConnect 接続の特性