Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー データベース管理 » データベース設定

 

ユーザー ID、権限、パーミッション

データベースの各ユーザーは、データベースに接続するときに入力する名前 (ユーザー ID) を持ち、少なくとも 1 つのグループに所属しています。また、ユーザーとグループは、データベース内の情報のセキュリティとプライバシーを維持しながらタスクを実行するために許可された権限とパーミッションを持っています。

「パーミッション」は、テーブル、ビュー、ユーザーなどのデータベースオブジェクトを作成、変更、問い合わせ、使用、削除するために付与されます。「権限」は、データベースのバックアップや診断トレーシングの実行など、データベースレベルでタスクを実行するために付与されます。SQL Anywhere では、パーミッションと権限をユーザーとグループに付与できます。


ユーザー
パーミッション
権限
接続されているユーザー
グループ
接続リソースの使用
ログインポリシー
ファイル管理文の実行に必要なパーミッション
データベースオブジェクトの名前とプレフィクス
高度なセキュリティを実現するためのビューとプロシージャー
ネストオブジェクトの所有権