Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー データベース管理 » データベースのメンテナンス » SQL Anywhere の高可用性

 

データベースミラーリング

注意

データベースミラーリングには別途ライセンスが必要です。別途ライセンスが必要なコンポーネントを参照してください。

「データベースミラーリング」とは、異なるコンピューター上で実行されている 2 つまたは 3 つのデータベースサーバーが連携してデータベースやトランザクションログファイルのコピーを保持する構成です。

「プライマリサーバー」「ミラーサーバー」は、それぞれがデータベースファイルとトランザクションログファイルのコピーを保持し、「監視サーバー」と呼ばれる第 3 のサーバーが、必要に応じて、前記 2 つのサーバーのどちらにデータベースの所有権を持たせるかを決定します。監視サーバーはデータベースのコピーを保持しません。この 3 種類のデータベースサーバー (プライマリ、ミラー、監視の各サーバー) による構成は「ミラーリングシステム」と呼ばれ、プライマリサーバーとミラーサーバーは併せて「パートナー」サーバーと呼ばれます。

プライマリサーバー、監視サーバー、ミラーサーバーで構成されたデータベースミラーリングシステム。

クライアントがデータベースにアクセスする場合は、プライマリサーバーに接続します。データベースに対するあらゆる変更は、プライマリサーバー上のトランザクションログファイルに記録されます。変更がコミットされると、トランザクションログページがミラーサーバーに送信され、データベースのミラーコピーに適用されます。サーバーがミラーサーバーとして動作している間は、そのミラーサーバーにあるデータベースのコピーには読み込み専用モードでのみアクセスできます。ミラーサーバーで実行されているデータベースへの読み込み専用アクセスの設定を参照してください。

プライマリサーバーがハードウェアやソフトウェアの障害により使用できなくなった場合、ミラーサーバーが監視サーバーとネゴシエートしてデータベースの所有権を取得し、プライマリサーバーのロールを引き受けます。所有権の譲渡、すなわち「ロールの切り替え」を実施するには、ダウンしていないパートナーサーバーと監視サーバーは、ロールの切り替えを行おうとする時点で、ミラーが最新で同期された状態にあることを合意する必要があります。それまで元のプライマリサーバーに接続されていたクライアントはすべて切断され、コミットされていないトランザクションはすべて失われます。クライアントがデータベースへのアクセスを続行するには、新しいプライマリサーバー上のデータベースに接続し直す必要があります。元のプライマリサーバーは、再び使用可能になると、ミラーサーバーのロールを引き受けます。

データベースサーバーのデータベースサーバーメッセージウィンドウには、起動時に、そのサーバーが引き受けているロールと起動プロセスの進捗状況を示すステータスメッセージが表示されます。また、ミラーリングシステムを構成する他の 1 つ以上のサーバーが失われたことが原因でデータベースの再起動が必要になった場合、またはロールがミラーからプライマリに変更された場合に、メッセージが表示されます。

ミラーリングシステムを構成するいずれかのサーバーでアサーションが失敗すると、そのサーバーはデータベースサーバーメッセージログにエラーを出力して終了します。これにより、他のサーバーに障害発生が通知され、適切なアクションが実行されます。

データベースミラーリングにハードウェアやソフトウェアに関する特別な要件はありません。また、各データベースサーバーは、地理的に離れたロケーションで実行されていてかまいません。データベースミラーリングシステムを構成するデータベースサーバーでは、ミラーリングされたデータベースもされていないデータベースも実行できます。また、監視サーバーは、複数のデータベースミラーリングシステムの監視サーバーになることができます。

高可用性環境のデータベースで、互換性がない、トランザクションログが一致しないなどの問題が発生すると、データベースは停止します。問題が発生したデータベースを実行していたデータベースサーバーも、他に実行中のデータベースがないかぎりシャットダウンします。

データベースミラーリングシステムの各データベースのステータスの詳細は、ステータス情報ファイルに格納されます。ステータス情報ファイルを参照してください。

注意

データベースミラーリングは、バックアップとリカバリのプランの代用ではありません。データベースには、バックアップとリカバリの手段を必ず実装してください。データベースミラーリングとバックアップバックアップとデータリカバリを参照してください。

SQL Anywhere のアップグレード、またはデータベースのミラーリングに使用しているデータベースの再構築については、データベースミラーリングシステムでの SQL Anywhere ソフトウェアとデータベースのアップグレードを参照してください。

 クォーラム
 制限
 アプリケーション開発時の考慮事項
 SQL Anywhere のアップグレード
 参照

データベースミラーリングの利点
監視サーバー
データベースミラーリングモード