Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー データベース管理 » データベースの開始とデータベースへの接続 » SQL Anywhere for Windows Mobile » Windows Mobileデータベースサーバーの設定

 

Windows Mobile でのデータベースの再構築

Windows Mobile のデータベースを再構築するには、以下のオプションがあります。

  • 別のプラットフォームで Windows Mobile のデータベースを再構築し、Windows Mobile デバイスにデータベースをコピーする。この方法をおすすめします。

  • dbmlsync を使用して空のデータベースを再配置する。

  • dbremote を使用して空のデータベースを再配置する。

  • Windows Mobile デバイス上で dbunload を使用する。このオプションはスマートフォンでは使用できません。

最初の 3 つのオプションは、Windows Mobile データベースをアップグレードするときに推奨されます。これらのオプションを利用できない場合は、Windows Mobile 上で dbunload を使用できます。Windows Mobile 上で dbunload を使用することを決定する前に、それに伴う次のような影響を検討する必要があります。

  • データベースサーバーのテンポラリファイルのサイズ (アンロードや再ロードを実行すると、ファイルのサイズが数メガバイトになることがあります)

  • dbunload および関連コンポーネント用に必要となる、追加の領域

  • Windows Mobile デバイスのデータベースを複数コピーすることによって発生する、追加のコスト

Windows Mobile デバイスで dbunload を実行すると、一部のデバイスで利用可能なリソースよりも多くのリソースが必要になることがあるため、可能であれば、異なるプラットフォーム上でデータベースをアップグレードすることをおすすめします。

注意

Windows Mobile デバイス上で dbunload を実行する場合には、SQL Anywhere 12 for Windows Mobile の配備ウィザード[アンロード/再ロードのサポート] オプションを選択する必要があります。SQL Anywhere for Windows Mobile を最初にインストールしたときにこのオプションを選択していない場合は、SQL Anywhere インストールを変更して、このサポートを追加できます。

 Windows Mobile で dbunload を使用する場合の注意

Windows Mobile でのデータベースの再構築