Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー データベース管理 » データベースのモニタリング » SQL Anywhere モニター » 警告

 

警告の削除

 ♦ 警告の削除

オペレーターまたは管理者は、[警告リスト] ウィジェットから任意の警告を削除できます。警告は、そのモニターの状態に関係なく削除できます。[警告リスト] ウィジェットから警告を削除しても、警告の電子メールには影響はありません。同様に、警告の電子メールを削除しても、[警告リスト] ウィジェットには影響しません。

  1. モニターに管理者ユーザーまたはオペレーターユーザーとしてログインします。

  2. [概要] をクリックします。

  3. [警告リスト] ウィジェットで、リストから警告をクリックし、[削除] をクリックします。

  4. [警告の削除] ウィンドウが表示され、次のオプションから 1 つを選択するように要求されます。

    • 選択した警告を削除する   このオプションは、[警告リスト] ウィジェットで選択した警告を削除するためだけに選択します。

    • 次より前に受信した警告を削除する   指定した時間より前に受信したすべての警告を削除するには、このオプションを選択します。このオプションの隣にある日付をクリックして日付を指定すると、それよりも前の警告を削除できます。このオプションは、[警告リスト] ウィジェットに含まれているリソースの警告を削除するだけです。

    • 次のリソースの警告を削除する   選択したリソースのすべての警告を削除するには、このオプションを選択します。

    [OK] をクリックします。

  5. プロンプトが表示されたら、[はい] をクリックして、削除を確認します。

    [警告リスト] ウィジェットから警告が削除されます。

 参照