Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー データベース管理 » データベースの開始とデータベースへの接続 » チュートリアル:SQL Anywhere データベースの作成

 

レッスン 1:データベースファイルの作成

次の手順を使用して、データベースを格納するデータベースファイルを作成します。データベースファイルには、システムテーブルと、すべてのデータベースに共通するその他のシステムオブジェクトが格納されます。

 ♦ 新しいデータベースファイルを作成するには、次の手順に従います (Sybase Central の場合)。
  1. [スタート] » [プログラム] » [SQL Anywhere 12] » [管理ツール] » [Sybase Central] をクリックします。

  2. [ツール] » [SQL Anywhere 12] » [データベースの作成] をクリックします。

  3. [ようこそ] ページで、[次へ] をクリックします。

  4. [このコンピューターにデータベースを作成] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  5. [メインデータベースファイルを保存] フィールドに、c:\temp\mysample.db と入力します。

    テンポラリフォルダーとして c:\temp 以外のディレクトリを使用する場合は、適切なパスを指定します。

  6. [完了] をクリックします。

  7. [閉じる] をクリックします。

  8. レッスン 2 :データベースへのテーブルの追加に進みます。

 参照