Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー データベース管理 » データベースの開始とデータベースへの接続 » チュートリアル:SQL Anywhere データベースの作成

 

レッスン 3:カラムへの NOT NULL 制約の設定

次の手順を使用して、NOT NULL 制約をカラムに追加します。

 ♦ カラムに制約を追加する、またはカラムから制約を削除するには、次の手順に従います。
  1. Sybase Central の左ウィンドウ枠で、[テーブル] をダブルクリックします。

  2. [Products] をクリックし、右ウィンドウ枠で [カラム] タブをクリックします。

  3. [ProductName] カラムをクリックします。

  4. [ファイル] メニューで、[プロパティ] をクリックします。

  5. [制約] タブをクリックし、[NULL 値を禁止] をクリックします。

    デフォルトではカラムに NULL 値が許可されますが、NULL 値を許可する明確な理由がないかぎり、カラムには NOT NULL を宣言してください。NULL 特別値を参照してください。

  6. [OK] をクリックします。

    この制約により、[Products] テーブルに追加されたローごとに、[ProductName] カラムに値が必要になります。

  7. [ファイル] メニューで、[保存] をクリックします。

  8. レッスン 4:外部キーの作成に進みます。

 参照