Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー データベース管理 » データベース設定 » ファイルロケーションとインストール設定

 

SQL Anywhere のファイル検索方法

クライアントライブラリとデータベースサーバーは、主に次の 2 つの理由からファイルを検索する必要があります。

  • SQL Anywhere を実行するためには、DLL と初期化ファイルが必要です。不正な DLL が検索されると、バージョンミスマッチエラーが発生する可能性があります。

  • INSTALL JAVA や LOAD TABLE など、SQL 文で指定して、ランタイムに検索する必要があるものがあります。

ファイル名を使用する SQL 文の例は次のとおりです。

  • INSTALL JAVA 文   Java クラスを保存するファイル名です。

  • LOAD TABLE 文と UNLOAD TABLE 文   データがロードまたはアンロードされるファイル名です。

  • CREATE DATABASE 文   この文と、ファイルを作成できる同様の文には、ファイル名が必要です。

SQL Anywhere は簡易アルゴリズムを使用してファイルを検索する場合があります。それ以外の場合、より広範囲の検索が行われます。


簡単なファイル検索
Windows での広範囲なファイル検索
Windows Mobile での広範囲なファイル検索
UNIX での広範囲なファイル検索