Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー データベース管理 » データベース設定 » ユーザー ID、権限、パーミッション » パーミッション

 

SQL Remote 用のリモートパーミッションの付与および取り消し

 ♦ ユーザーに REMOTE パーミッションを付与するには、次の手順に従います (Sybase Central の場合)。

Sybase Central では、ユーザーとグループの REMOTE パーミッションを管理できます。REMOTE パーミッションを使用すると、通常のユーザーとグループを SQL Remote レプリケーション設定においてリモートユーザーにすることができます。これにより、統合データベースとレプリケーションメッセージを交換できます。

REMOTE パーミッションは、データベースにメッセージタイプを少なくとも 1 つは定義しないかぎり、ユーザーまたはグループに付与することはできません。

REMOTE パーミッションをグループに付与するには、グループ内のすべてのユーザーに REMOTE パーミッションを明示的に与える必要があります。グループのメンバーは、REMOTE パーミッションを継承しません。

ユーザーに REMOTE パーミッションを付与すると、パブリケーションにユーザーのサブスクリプションを作成できます。

  1. SQL Anywhere 12 プラグインを使用して、DBA 権限のあるユーザーとして、データベースに接続します。

  2. [ユーザーとグループ] をクリックします。

  3. ユーザーを右クリックし、[リモートユーザーに変更] をクリックします。

  4. フィールドに値を入力し、[OK] をクリックします。

 ♦ リモートユーザーから REMOTE パーミッションを取り消すには、次の手順に従います (Sybase Central の場合)。

REMOTE パーミッションを取り消すと、リモートユーザーは通常のユーザーに戻ります。REMOTE パーミッションを取り消すと、そのユーザーのサブスクリプションがすべてのパブリケーションから自動的に削除されます。

  1. DBA 権限のあるユーザーとしてデータベースに接続します。

  2. [ユーザーとグループ] または [SQL Remote ユーザー] をクリックします。

  3. ユーザーを右クリックして、[リモートの取り消し] をクリックします。

  4. [はい] をクリックします。

 参照