Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー データベース管理 » データベースの開始とデータベースへの接続 » SQL Anywhere データベース接続

 

接続パラメーターと接続文字列

クライアントアプリケーションはデータベースに接続するとき、一連の「接続パラメーター」を使用して接続を定義します。接続パラメーターは、データベースサーバー名、データベース名、ユーザー ID などの情報を指定します。サポートされているすべての接続パラメーターのリストについては、接続パラメーターを参照してください。

各接続パラメーターでは、キーワードと値の組み合わせ (parameter=value の形式) を指定します。次の例では、デフォルトパスワードの password 接続パラメーターを指定しています。

PWD=sql
 接続文字列として渡される接続パラメーター
 マニュアルで接続文字列を表す
 参照

一般的な接続シナリオ
接続パラメーターの構文ルール