Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー データベース管理 » データベース管理 » SQL Anywhere グラフィカル管理ツール » Interactive SQL

 

Interactive SQL とグラフィックイメージ

Interactive SQL を使用して、BLOB データと、5000000 ピクセル未満のイメージを表示できます。さらに、SVG を表示して、JPEG、PNG、TIFF などの他のフォーマットに保存できます。

サポートされているイメージフォーマットには、BMP (Windows 95 バージョン)、GIF、JPEG、PNG、PNM、SVG、TIFF、WBMP (ワイヤレスビットマップ) があります。

 ♦ イメージと SVG を表示する (Interactive SQL の場合)
  1. データベースに接続します。たとえば、SQL Anywhere サンプルデータベースに接続します。

  2. イメージが含まれる結果セットを返すクエリを実行します。

    たとえば、次のクエリを実行すると、JPEG イメージが返されます。

    SELECT * FROM Products;

    たとえば、次のクエリを実行すると、SVG イメージが返されます。



    SELECT '<?xml version="1.0" standalone="yes"?>
    <!DOCTYPE svg PUBLIC "-//W3C//DTD SVG 1.1//EN" 
    "http://www.w3.org/Graphics/SVG/1.1/DTD/svg11.dtd">
    
    <svg width="100%" height="100%" version="1.1"
    xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">
    
    <rect width="99" height="99"
    style="fill:rgb(0,0,255);stroke-width:1;
    stroke:rgb(0,0,0)"/>
    
    </svg>';
  3. 結果セット内で、(イメージ) を含むセルをクリックし、[...] をクリックして [ウィンドウで表示] をクリックします。

    [カラム column-name の値] ウィンドウが表示されます。

    たとえば、コットン製のキャップに関連付けられた JPEG イメージをクリックすると、次のウィンドウが表示されます。

    [カラム column-name の値] ウィンドウ

    SVG を表示する場合は、次のショートカットを使用します。

    ショートカット 説明
    [Ctrl] キーを押しながらマウスの左ボタンでドラッグ 視点を調整できるように境界をドラッグします。
    [Ctrl] キーを押しながらマウスの右ボタンでドラッグ 中心を軸にイメージを回転させます。
    [Shift] キーを押しながらマウスの左ボタンでドラッグ イメージを新しいロケーションにパンします。
    [Shift] キーを押しながらマウスの右ボタンでドラッグ イメージをズームイン、ズームアウトします。
  4. [OK] をクリックして、ウィンドウを閉じます。