Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー データベース管理 » データベース管理 » SQL Anywhere グラフィカル管理ツール » Interactive SQL

 

Interactive SQL での文のロギング

Interactive SQL のロギング機能を使うと、SQL 文を実行しながら記録できます。Interactive SQL は、ユーザーがロギングプロセスを停止するまで、または現在のセッションを終了するまで、文の記録を続けます。記録された文は、再び使用できるようにログファイルに保存されます。

ロギングを開始すると、正常に動作しなかったものも含めて実行した SQL 文がすべて記録されます。

 ♦ 文のロギングを開始する (Interactive SQL の場合)
  1. [SQL]  » [ロギングの開始] をクリックします。

  2. [名前を付けて保存] ウィンドウで、ログファイルの保存場所と名前を指定します。たとえば、mylogs.sql のようなファイル名を指定します。

  3. 設定が完了したら、[保存] をクリックします。

 ♦ 文のロギングを開始する (SQL の場合)
  • START LOGGING 文を実行します。

    たとえば、c:\mylogs.sql という名前のファイルへのロギングを開始するには、次の文を実行します。

    START LOGGING 'c:\mylogs.sql';

    START LOGGING 文 [Interactive SQL]を参照してください。

 ♦ 文のロギングを停止する (Interactive SQL の場合)
  • [SQL]  » [ロギングの停止] をクリックします。

 ♦ 文のロギングを停止する (SQL の場合)
ヒント