Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー データベース管理 » データベースの開始とデータベースへの接続 » SQL Anywhere データベースサーバーの使用 » データベースサーバー動作のロギング

 

Sybase Central での SQL 文のロギング

Sybase Central でデータベースを編集する場合、アクションに応じて自動的に SQL 文が生成されます。これらの文は [サーバーメッセージと実行された SQL] という別のウィンドウ枠で追跡できます。または情報をファイルに保存できます。[サーバーメッセージと実行された SQL] ウィンドウ枠には、データベースとデータベースサーバーごとにタブがあります。データベースサーバーのタブには、データベースサーバーメッセージウィンドウと同じ情報が表示されます。

Interactive SQL の場合、実行した文のログを取ることもできます。Interactive SQL での文のロギングを参照してください。

 ♦ [サーバーメッセージと実行された SQL] ウィンドウ枠に、Sybase Central によって生成された SQL 文のログを取るには、次の手順に従います。
  1. SQL Anywhere 12 プラグインを使用して、データベースに接続します。

  2. [表示] » [サーバーメッセージと実行された SQL] をクリックします。

  3. [サーバーメッセージと実行された SQL] ウィンドウ枠で、データベースアイコンがあるタブをクリックします。

  4. 右クリックして [オプション] をクリックします。

  5. ロギングのオプションを編集します。

  6. [保存] をクリックします。

 ♦ ファイルに、Sybase Central によって生成された SQL 文のログを取るには、次の手順に従います (Sybase Central の場合)。
  1. データベースに接続します。

  2. 左ウィンドウ枠で、データベースを右クリックし、[データベース変更のロギングの開始] をクリックします。

  3. ファイル名を指定し、[保存] をクリックします。

 ♦ データベース変更のロギングを停止するには、次の手順に従います (Sybase Central の場合)。
  • 左ウィンドウ枠で、データベースを右クリックし、[データベース変更のロギングの停止] を選択します。