Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー データベース管理 » データベースの開始とデータベースへの接続 » SQL Anywhere データベース接続 » ODBC データソース

 

UNIX での ODBC データソース

UNIX オペレーティングシステムでは、ODBC データソースはシステム情報ファイルに格納されます。このファイル名は通常 .odbc.ini です。SQL Anywhere データベースサーバーでは、次のロケーションでシステム情報ファイルが検索されます。

  • ODBCINI 環境変数

  • ODBC_INI 環境変数

  • ODBCHOME 環境変数

  • HOME 環境変数

  • ユーザーのホームディレクトリ (~)

  • PATH 環境変数

注意

ODBCINI と ODBC_INI 環境変数は、システム情報ファイル (ファイル名は通常 .odbc.ini) の検索に使用できますが、ODBCHOME と HOME 環境変数は .odbc.ini ファイルがあるパスの定義に使用できます。

ODBCINI と ODBC_INI はどちらも、ファイル名を含むフルパスで指定します。システム情報ファイルが ODBCINI または ODBC_INI で指定されたディレクトリにある場合、そのファイル名が .odbc.ini である必要はありません。

次にシステム情報ファイルの例を示します。

[My Data Source]
Host=hostname
ServerName=myserver

システム情報ファイルには、任意の接続パラメーターを入力できます。接続パラメーターを参照してください。

警告

ユーザー ID、パスワード (暗号化の有無は不問)、データベースキーをデータソースに保存することはおすすめしません。

UNIX では、dbdsn ユーティリティを使用して ODBC データソースを作成、管理します。

警告

UNIX では、SQL Anywhere データソースだけを使用している場合を除き、ファイル難読化ユーティリティ (dbfhide) を使用して、システム情報ファイル (デフォルトのファイル名は .odbc.ini) を難読化しないでください。他のデータソース (Mobile Link 同期など) を使用する予定の場合、システム情報ファイルの内容を難読化すると、他のドライバーが正しく機能しなくなることがあります。

 参照