Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー データベース管理 » データベース設定 » ユーザー ID、権限、パーミッション » パーミッション

 

パーミッションの取り消し

データベースオブジェクトのユーザーパーミッションを取り消すには、REVOKE 文または Sybase Central のいずれかを使用します。

Sybase Central では、ユーザーごとまたはデータベースオブジェクトごとでパーミッションを表示または変更できます。たとえば、特定のテーブルに対するパーミッションを誰が持っているのかを確認する場合、左側のウィンドウ枠にあるテーブルをクリックし、右側のウィンドウ枠にあるその [パーミッション] タブをクリックすることによって、テーブルのパーミッションを表示できます。同様に、特定のユーザーに対するすべてのパーミッションを変更する場合、左側のウィンドウ枠にあるユーザーをクリックすることで、右側のウィンドウ枠でその [テーブルのパーミッション] をクリックすることによって、すべてのユーザーの明示的に設定されたテーブルパーミッションを表示できます。

 ♦ テーブル、ビュー、カラム、プロシージャー、DB 領域、シーケンスジェネレーターからパーミッションを取り消すには、次の手順に従います (Sybase Central の場合)。
  1. [SQL Anywhere 12] プラグインを使用して、DBA 権限を持つユーザーとしてまたはパーミッションを取り消したいデータベースオブジェクトを所有しているユーザーとしてデータベースに接続します。

    注意

    接続パーミッションまたは別のユーザーからのテーブルパーミッションを取り消すとき、他のユーザーはそのデータベースに接続できません。

  2. 左側のウィンドウ枠で、ユーザーパーミッションを取り消したいデータベースオブジェクトをクリックするか、パーミッションを取り消したいユーザー (またはグループ) をクリックします。

    • ユーザーごとにパーミッションを取り消すには   ユーザー (またはグループ) をクリックした場合、右側のウィンドウ枠で、パーミッションを取り消したいデータベースオブジェクトに対応するパーミッションタブをクリックします。たとえば、テーブルへのパーミッションを取り消すには、[テーブルのパーミッション] タブをクリックします。

      パーミッションタブには、ユーザー (またはグループ) が明示的にパーミッションを設定しているデータベースオブジェクト名のリストが表示されています。

    • データベースオブジェクトごとにパーミッションを取り消すには   データベースオブジェクトをクリックした場合、右側のウィンドウ枠で [パーミッション] タブをクリックします。

      [パーミッション] タブでは、データベースオブジェクトに現在パーミッションを持っているユーザーとグループのリストが表示されます。

  3. データベースオブジェクトまたは変更しようとしているパーミッションを持つユーザーのローを選択します。

    • DB 領域、プロシージャー、関数、シーケンスジェネレーター、ビューからパーミッションを取り消すには   カラムのチェックマークは、ユーザーがパーミッションを持っていることを示します。

      パーミッションを取り消すには、現在チェックマークを含んでいるカラムをクリックして、そのカラムにチェックマークがなくなるまでクリックし続ける必要があります。

    • テーブルおよびテーブルカラムからパーミッションを取り消すには   カラムのチェックマークは、ユーザーがパーミッションを持っていることを示します。プラス記号 (+) 付きのチェックマークは、ユーザーがそのパーミッションを持っていることに加えて、そのパーミッションを他のユーザーに付与できることを示しています。プラス記号 (+) 付きのチェックマークは、WITH GRANT OPTION 句付きの GRANT 文を実行することと同等です。

      テーブルを選択するときに、対応する [カラムのパーミッション] テーブルが [パーミッション] テーブルの下に表示されます。

      • テーブルからパーミッションを取り消すには   パーミッションを取り消すには、現在チェックマークまたは + (プラス記号) 付きのチェックマークを含んでいるカラムをクリックして、そのカラムにチェックマークがなくなるまでクリックし続ける必要があります。

        テーブルからパーミッションを取り消すときには、テーブルのそのパーミッションに関連するカラムのパーミッションも取り消すことになります。

      • テーブルカラムからパーミッションを取り消すには   パーミッションを取り消すには、現在チェックマークまたは + (プラス記号) 付きのチェックマークを含んでいるカラムをクリックして、そのカラムにチェックマークがなくなるまでクリックし続ける必要があります。

        [カラムのパーミッション] テーブルからパーミッションを取り消すと、[付与されている、または付与オプション付きで付与されているカラムパーミッション] アイコンが前述の [テーブルのパーミッション] からなくなります。

      注意
      • あるユーザーに対するあるパーミッションを取り消すとき、そのユーザーがそのパーミッションに対して WITH GRANT OPTION を持っていた場合 (プラス記号 (+) 付きのチェックマーク)、そのユーザーがパーミッションを付与した他のすべてのユーザーも自分たちのパーミッションを取り消されることになります。WITH GRANT OPTION の取り消しを参照してください。

      • 変更を元に戻すには、ローを選択して [編集] » [元に戻す] をクリックします。

      • パーミッションのテーブルに対して [凡例] をオンまたはオフにするには、[ファイル] » [凡例を表示] をクリックします。

  4. すべての変更を保存するには、[ファイル] » [保存] をクリックします。

 ♦ テーブル、ビュー、カラム、プロシージャー、DB 領域、シーケンスジェネレーターからパーミッションを取り消すには、次の手順に従います (SQL の場合)。
  1. DBA 権限のあるユーザーとして、データベースに接続します。

  2. REVOKE 文を実行してパーミッションを割り当てます。

 参照