Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー データベース管理 » データベース設定 » ユーザー ID、権限、パーミッション » グループ

 

グループメンバーシップの取り消し

 ♦ ユーザーまたはグループを別のグループから取り除くには、次の手順に従います (Sybase Central の場合)。

グループからユーザーまたはグループを取り除いても、データベース (または他のグループ) からは削除されません。データベースから削除するには、ユーザーまたはグループ自体を削除する必要があります。

グループにユーザーを追加すると、ユーザーはそのグループに割り当てられたすべてのパーミッションを継承します。SQL Anywhere では、ユーザーがグループのメンバーとして継承するパーミッションのサブセットを取り消すことはできません。取り消すことができるのは、GRANT 文によって明示的に付与されるパーミッションだけです。異なるユーザーに別々のパーミッションを付与する必要がある場合、適切なパーミッションを持つグループを別々に作成するか、必要なパーミッションを各ユーザーに明示的に付与できます。

  1. SQL Anywhere 12 プラグインを使用して、DBA 権限のあるユーザーとして、データベースに接続します。

  2. [ユーザーとグループ] をクリックします。

  3. ユーザーまたはグループをダブルクリックします。

  4. [メンバーシップ] ウィンドウ枠でグループを右クリックし、[メンバーシップの削除] をクリックします。

ヒント

グループをダブルクリックし、右ウィンドウ枠の [メンバー] タブをクリックし、ユーザーまたはグループを右クリックし、[メンバーの削除] をクリックしてユーザーを取り除くこともできます。

 ♦ ユーザーまたはグループを別のグループから取り除くには、次の手順に従います (SQL の場合)。

グループからユーザーまたはグループを取り除いても、データベース (または他のグループ) からは削除されません。データベースから削除するには、ユーザーまたはグループ自体を削除する必要があります。

グループにユーザーを追加すると、ユーザーはそのグループに割り当てられたすべてのパーミッションを継承します。SQL Anywhere では、ユーザーがグループのメンバーとして継承するパーミッションのサブセットを取り消すことはできません。取り消すことができるのは、GRANT 文によって明示的に付与されるパーミッションだけです。異なるユーザーに別々のパーミッションを付与する必要がある場合、適切なパーミッションを持つグループを別々に作成するか、必要なパーミッションを各ユーザーに明示的に付与することができます。

  1. DBA 権限のあるユーザーとして、データベースに接続します。

  2. グループとユーザー名を指定した REVOKE MEMBERSHIP IN GROUP 文を実行します。

 参照
 例