Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー データベース管理 » データベースのメンテナンス » SQL Anywhere データベースのトラブルシューティング

 

データベースサーバーパフォーマンス警告のトラブルシューティング

データベースサーバーのパフォーマンス警告は、データベースサーバーメッセージログに出力されます。これらの警告は、データベースまたはデータベースサーバーでそのパフォーマンスが影響を受ける状態になるとレポートされます。


パフォーマンス警告 : サーバーキャッシュサイズがデータベース "%1" には小さすぎます。
パフォーマンス警告 : データベース "%3" では、サーバー用に設定された最大値 %2 にページサイズ %1 が一致せず、キャッシュの非効率的な使用の原因となっています。
パフォーマンス警告 : データベース "%2" のテーブル "%1" にユニークなインデックスまたはプライマリキーがありません。
パフォーマンス警告 : ページサイズがデータベース "%1" には小さすぎます。
パフォーマンス警告 : データベースファイル "%1" は %2 のディスクフラグメントで構成されています。
パフォーマンス警告 : データベース "%3" では、テーブル "%1" の AUTOINCREMENT カラム "%2" にインデックスが設定されていません。
パフォーマンス警告 : 参照オブジェクトの 1 つで DDL 処理が実行されたため、データベース "%2" のビュー "%1" は無効になりました。