Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー データベース管理 » データベースのメンテナンス » SQL Anywhere の読み込み専用のスケールアウト » 子コピーノードを追加する方法 » コピーノードの親の割り当て

 

ノードの位置

コピーノードがいったん実行中になると、ルートデータベースサーバーで ALTER MIRROR SERVER 文を使用して、新しい親をコピーノードに割り当てることができます。

ALTER MIRROR SERVER "copy-server-name"
 FROM SERVER "new-parent-name";

この文は、ルートデータベースサーバー上のトランザクションログに記録されます。変更内容がコピーノードに適用されると、コピーノードで定義の変更が認識され、文で指定された新しい親に接続されます。

 参照