Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー データベース管理 » データベースの開始とデータベースへの接続 » SQL Anywhere データベース接続 » 接続のトラブルシューティング

 

高速の接続のための sasrv.ini でのデータベースサーバーアドレス情報のキャッシング

Host または CommLinks 接続パラメーターを使用するとき、特定の名前のデータベースサーバーを検索するために複数の TCP/IP 接続を試行するか、大規模ネットワーク経由でブロードキャストすることは、時間がかかる可能性があります。データベースサーバーアドレスのキャッシュは、後の接続に使用されるように次の情報を sasrv.ini ファイルに保存することによって、ネットワーク接続を高速化します。

  • データベースサーバー名

  • データベースサーバーの IP アドレス

キャッシュファイルには一連のセクションがあり、それぞれが次の形式になっています。

[Server name]
LINK=TCPIP
Address=IP_address:port
注意

それぞれのデータベースサーバーの名前がユニークであることは、重要です。異なるデータベースサーバーに同じ名前を付けると、識別の問題を引き起こす可能性があります。

 データベースサーバーアドレスキャッシュ (sasrv.ini) が使用される方法
 sasrv.ini ファイルのロケーション
 参照