Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere サーバー データベース管理 » データベースのメンテナンス » スケジュールとイベントの使用によるタスクの自動化 » イベント処理タスク

 

イベントハンドラーのトリガー

すべてのイベントハンドラーはスケジュールやシステムイベントによって起動されるほか、手動でトリガーすることができます。開発中や、運用環境におけるいくつかのイベントに関しては、手動によるイベントのトリガーが便利です。たとえば、毎月の売り上げレポートをスケジュールしている場合、月末でなくても売り上げレポートが必要になることがあります。

イベントハンドラーの開発については、イベントハンドラーの開発を参照してください。

 ♦ イベントハンドラーをトリガーするには、次の手順に従います (Sybase Central の場合)。
  1. SQL Anywhere 12 プラグインを使用して、DBA 権限のあるユーザーとして、データベースに接続します。

  2. 左ウィンドウ枠で、[イベント] をダブルクリックします。

  3. イベントを右クリックして、[トリガー] をクリックします。

    イベントは、有効にしておかなければトリガーすることはできません。イベントを有効にするには、イベントを右クリックして [有効化] をクリックします。

  4. [パラメーター] フィールドに、イベントで使用するパラメーターをカンマで区切って入力します。次に例を示します。

    parameter=value,parameter=value
  5. [OK] をクリックします。

 ♦ イベントハンドラーをトリガーするには、次の手順に従います (SQL の場合)。
  1. DBA 権限のあるユーザーとして、データベースに接続します。

  2. イベントの名前を指定して、TRIGGER EVENT 文を実行します。次に例を示します。

    TRIGGER EVENT sales_report_event;

    TRIGGER EVENT 文を参照してください。